壁面緑化について調査!メリットについても解説


環境に優しい壁面緑化

建物や外壁などを緑の植物で覆う壁面緑化は、外観の美しさに目を引かれますよね。しかし、その大きな目的は植物が行う「光合成」を利用して、環境問題への直接的効果を得るというものです。光合成は、二酸化炭素を吸収し酸素を排出する働きをするので、二酸化炭素削減効果などに効果的な役割を果たしています。

地球温暖化対策の一環として、地域や国家規模で取り組みを強化している壁面緑化を、都心にある公共の建造物や、大型施設などで見かけたことがあるという方もいるのではないでしょうか。ちなみに、壁面緑化以外には、屋上で植物を栽培する「屋上緑化」も多く見られます。

壁面緑化のメリットとは

壁面緑化には、二酸化炭素削減以外にも様々なメリットがあります。まずは、真夏のヒートアイランド対策に利用できるということです。緑が壁面を覆うと、太陽の光を遮り室内の温度上昇を抑制します。また、植物が「蒸散」することによって、外気温の上昇を抑えることができます。

その他には、壁面緑化により集客を期待できることもメリットの1つです。無機質な印象を与える都心部の一角に、緑に覆われた壁面緑化があれば自然に人々の注目を集めることとなります。また、企業の建物に壁面緑化を施すと、「環境に配慮した企業」をアピールできるので、ブランド力アップおよびイメージ向上にも役立ちます。

さらに、植物が壁面を覆うと、壁を保護し建物の劣化を抑えられます。壁面緑化の緑視効果により、道行く人々の心に安らぎを与えることもメリットの一つです。

建物の壁を植物で覆う壁面緑化は人目を引きつけるアート的な役割を果たす他、真夏の都市部では周辺の気温を下げる効果があります。更に紫外線や酸性雨等による、建物の劣化を防ぐ事にも役立っています。